教員養成校で学ぶ

教員養成校の特徴

2018年度、開講5月。

東京校・名古屋校にて開講

「いつでも、どこでも、だれでも、こどもたちがリトミック教育を受けられるように」、「優れた教育は優れた指導者から」がリトミック研究センターのモットーです。

リトミック指導者養成機関として25年の実績。卒業生は、音楽教室、幼稚園、保育所(園)、カルチャーセンターなど多くの幼児教育分野で活躍中です。
1年間でディプロマB、2年間でディプロマAの取得をめざします。少人数によるきめ細かな授業を通じて、自らの動きをトレーニングする「リズム」だけではなく、1~5歳の指導法「ティーチング」を学びます。

豊富な科目、特に実践的指導力を強化する「ティーチング(指導法)」

たくさんの子どもたちを前にしての指導はなかなかむずかしいもの。養成校では、1歳児から5歳児までの指導法を「指導書」に沿って勉強します。
また、実際に子どもたちのレッスンを見学する「見学実習」があります。
このほか、リズム、ソルフェージュ、リトミックのためのピアノ演奏法、リトミック理論、知育(モンテッソーリ教育)、ボディ・テクニックなどリトミックの指導者として必要不可欠な科目ばかりです。
養成校では、リトミック指導に不可欠な科目を、教育現場でのレッスンの流れに沿って、総合的に学べます。

この分野では他に類を見ない一流講師陣。しかも少人数で先生や仲間とのコミュニケーションもたっぷり。

リトミックの専門教育機関ならではの豪華な講師陣をそろえています。また、授業が楽しいこと、そしてクラスの仲間の支え、先生のサポートは少人数ならではの当校の誇りです。

在学生はさまざま

ピアノの先生、幼稚園、保育園の先生、OL、大学、短大生、専門学校生など多様です。皆さんが自身のスキルアップを通して、各分野での活躍を目指しています。授業前後は先生を囲んで、また学生同士で情報交換。保育、音楽、子育てはもちろん、趣味や遊びの話題で盛り上がります。

選べる時間帯とNPOが運営する学校ならではのリーズナブルな学費

昼間部と夜間部。それぞれのライフサイクルに合わせての受講が可能です。(名古屋校は昼間部のみ)

また受講費用は入学金54,000円(税込)、1年間の授業料324,000円〜378,000円(税込)、教材費55,350円(税込)です。同種の学校と較べてみてください。NPO法人ならではの費用です。

進路はさまざま

教員養成校では、就職のお世話はしませんが、年間を通じて求人があり、都度卒業生の皆さんにご紹介しています。カルチャーセンター講師、音楽教室講師、幼稚園教諭、保育園の先生、大学講師、短期大学講師、専門学校講師など卒業生の進路はさまざまです。それぞれリトミックのスキルと資格を生かして活躍中です。
また卒業後は、リトミック指導資格(ディプロマ)保有者として、指導実践のための各種制度が設けられており、リトミック研究センターの全国組織の中で、充分活躍できるよう配慮がなされています。

写真で見る養成校の様子

入学式

授業(リズム)

授業(リズム)

授業(キーボード)

授業(リズム)

授業(リズム)

授業(ティーチング)

授業(ティーチング)

合宿授業(リトミック理論)

合宿授業(知育)

卒業式

卒業式