指導法を学びたい方へ

FAQ

よくある質問と答え

こどものためのリトミックについて

Q.こどものためのリトミックって何ですか?
A.

リトミックは、スイスの音楽教育家であるエミール・ジャック=ダルクローズ(1865~1950)が考案した教育法です。こどものためのリトミックは、ジャック=ダルクローズが提唱したリトミックにわが国の風土、文化にみあった子どもの生活習慣を付加し、より自然な形での実践を目指すものです。
子どもが子どもらしくあるために、子どもの目線に立った指導を展開するリトミックは、今、もっとも注目されている教育のひとつと言えます。リトミック研究センターは、時代にこびることなく、つねに優しく子どもたちを見つめ続けています。

(1)「生活習慣」
言語、数、感覚などをテーマに、いろいろな教材を使用して興味付けをし、子どもたちの“自ら発達しようとする力”を援助し、自主性と集中力、自立心と責任感などを育成します。
(2)「音感教育」
音楽に身体全体で反応させることにより、リズム感や音感などを培います。
(3)「情操教育」
音楽を通じて、自然や生活などいろいろなテーマで自己表現することを学び、感受性豊かな情操を育みます。

Q.まず本を読んでリトミックについて知ろうと考えています。何かお勧めの本はありますか?
A.

リトミック研究センターでお勧めしているものを、ご紹介いたします。

「リトミックってなあに」 [一般読者向き] ドレミ楽譜出版社 (一般書)
「こどもがグングン伸びる音楽あそび」 [一般読者向き] PHP研究所 (一般書)
「エミール・ジャック=ダルクローズ」 [研究者向き] 全音楽譜出版社 (学術書)
「音楽教育メソードの比較」 [研究者向き] 全音楽譜出版社 (学術書)

これらの書籍は書店で入手が可能です。 おすすめの書籍 ビデオ DVDのページ

ページの上へ

リトミック研究センターについて

Q.リトミック研究センターの「支局」とは、どのような団体ですか?
A.

リトミック研究センターの理念にもとづき、全国各地でリトミックの普及をはかるために設置された組織です。
「よい教育は、よい指導者から」という考えから、各地で指導者養成コース(月例研修会)の運営、こどものためのリトミックの教室開設や運営支援などを行なっています。

ページの上へ

教員養成校について

Q.どのような方が通学していますか?
A.

音楽教室の先生、幼稚園・保育所(園)の先生、主婦、子育て中のお母さん、一般企業にお勤めの方、学生さんなど、さまざまな職業の方がいらっしゃいます。 年齢も、経験もさまざまです。

Q.授業で使用する教材は、どのようなものを使うのですか
A.

長年の指導活動により生み出されたリトミック研究センターオリジナルのものを使用いたします。市販はされていません。

Q.ピアノはどの程度の演奏レベルが求められますか?
今はほとんど弾いていないので心配です。
A.

特に高度な技術は要しませんが、ピアノを使って子どもたちの指導をしていきますので、バイエル程度の鍵盤経験は必要です。指導書にもピアノの譜例がたくさん載っています。

Q.仕事を続けながら通うことに、不安を感じます。
皆さん、どのように工夫されているのでしょうか?
A.

仕事をしながら、という方もたくさんいらっしゃいます。
毎年各校で入学説明会が開催されます(11月~3月頃にかけて)。
まず、これに参加して、詳しい説明をお聞きください。

Q.仕事の関係や出産などで長期休学することは可能ですか?
A.

休学制度があります。ただし2年以内に復学しないと、今までの受講が有効になりません。

Q.通学距離が遠いので、万が一欠席や遅刻したときどうなるのかが心配。
どのようなシステムでしょうか。
A.

教員養成校の授業時間は年間200時間です。
このうち70%以上の出席が試験受験、卒業の条件になります。 したがって、61時間(31コマ)以上欠席しなければ、OKです。

ページの上へ

指導者養成コース(月例研修会)について

Q.研修会では、どのようなことをするのですか?
A.

研修会は、5月スタート(6月の場合もあり)で年間9回、1回が3時間で原則日曜日に行われます。また、最終回の前に指導資格認定試験があり、合格すると指導資格が認定されます。
研修の内容はこどものためのリトミックの指導法を勉強する時間と、受講者本人がリトミックを学び、レベルアップする時間とがあります。

たとえば、
a.ティーチング[(1)知育 (2)リズム (3)ソルフェージュなど]
b.指導者のためのリトミック
c.ピアノ演奏法[リトミックのためのピアノの弾き方]

Q.受講料はいくらですか?
A.

はじめて受講される方の費用は、2016年度の場合、年間で受講料28,000円、教材費11,000円と入会金、年会費それぞれ5,000円です。それに消費税を加え合計金額は52,920円になります。
支局によっては、10回払いのクレジットも利用でき、月々約6,000円になります。
(指導資格認定試験受験料は、別途7000円(税別)です)

Q.研修会はどのような人が受講していますか?
A.

音楽教室や幼児教室の指導者、幼稚園、保育所(園)の先生方、学生さん、小中学校や短大の先生方、主婦などさまざまです。リトミックに興味をもって、自らのためにまた子どもたちの教育のためにと、目的は様々ですが、皆さん大変熱心に受講されています。

Q.指導者はどのような方ですか?
A.

リトミック研究センターで最上級のディプロマを取得し、子どもたちの教育にも経験豊かな指導者があたります。また、本部指導陣には、岩崎光弘リトミック研究センター前会長、、板野和彦リトミック研究センター会長(明星大学教授)、杉本明研究室長(白百合女子大学講師)など、日本のリトミック界の第一人者が参画し、実際の研究や指導にあたっています。

Q.大学や短大を卒業していないと受講できませんか?
A.

いいえ。学歴、現在の職業、資格などは問いません。
18歳以上の方で音楽やリトミックや幼児教育に熱意のある方なら、どなたでも受講できます。

Q.経験やレベルに関係なく、初級コースから受けていくのでしょうか?
A.

はい。経験などに関係なく、初級コースから受講していただきます。
順序よく内容をご理解いただくために、そのようになっています。

Q.見学はできますか?
A.

リトミックは見学しているだけでは分からないので、一緒に受講していただいています。
1回について5,000円(税別)の体験受講料がかかります。
これを経て入会される場合は、この5,000円(税別)を受講費用の一部に充当します。
定員などの関係で、一部受け入れのできない会場もありますので、必ず事前に各支局にお申し込みください。

Q.途中の回から講習を受け始めることは可能ですか?それとも来年から受講すべきですか?
A.

原則として、9回ある講習の1回目から順番に受講していただきます。
ご事情によりやむなく途中からという場合は、各支局にご相談ください。

Q.受講会場には、更衣室などが用意されているのでしょうか?
A.

特に用意されていないところが、ほとんどです。

Q.服装・靴は、動きやすければ、何でも大丈夫ですか?
A.

服装は動きやすければ大丈夫なので、自由にしてください。
靴は底の薄いものがいいので、スニーカーではなく、上履きのようなものがよいでしょう。
(バレエの練習用シューズが好ましいです。ダンス用品を取り扱っているところで販売されています)

Q.小さな子どもがいるのですが、連れていっても大丈夫でしょうか?
A.

お子さまづれで研修会に参加することは、ご遠慮いただいています。
(研修に集中できなくなってしまうのを避けるため)

Q.初級指導資格認定試験の合格率はどれくらいですか?
A.

初級の認定試験は研修会を全回受講し、練習すればできる内容のものです。
各支局のベテラン指導者が、受講者の目線に合わせた分かりやすい研修を行っていますので、受験者の90%以上が合格しています。また、練習用のCDがありますので、勉強の助けになっています。

Q.1年目と2年目では授業内容がどのように変わるのでしょうか?
A.

1年目(初級コース)では3歳児、2年目(中級コース)には2歳児(ご希望により1歳児も)、3年目(上級コース)には4・5歳児の指導内容を学ぶカリキュラムになっています。
それぞれ試験があり、合格すると、初級指導資格・中級指導資格・・・と上位の資格が取れるようになります。
4年目の特別コースまで修了すると、ディプロマB資格の試験を受けることができます。

Q.どうしても出席できない回があるのですが、どうしたらよいですか?
A.

指導者養成コース(月例研修会)は、全国55会場で開催していて、どの会場でも、同じ回であれば同じ内容の研修が行われています。
したがって全国どこの会場でも振替受講が可能ですが、この場合、振替手数料が必要となります。
また、月内に受講ができない場合は、その回のみ翌年受講することも可能(別途受講料が必要)ですが、3回以上となると本年度の認定試験は受験できませんのでご注意ください。

Q.毎回出席できなかった場合、何年かかっても全出席すれば、受験資格が得られますか?
A.

何年かかっても大丈夫ですが、翌年以降の受講では、1回について受講料が必要です。

Q.引っ越しで都道府県を移った場合、引き続き他の会場で受講することはできますか?
A.

リトミック研究センターでは、全国どの会場でも同じ研修を行っております。したがってみなさんの都合のよい会場で受講していただくことが可能です。
引っ越し先のお近くに研修会場がございましたら、そちらで受講できます。
(全国開催会場一覧をご覧ください)。
ただし、通える研修会場がなく、受講できなくなった場合でも、受講料の返金はご容赦ください。

Q.最初の申込みで、中級コースまで受講とか、上級コースまで受講すると決めなければいけませんか?
A.

各コースごとのお申込になりますので、次のコースに進むときに、どうするかを検討していただけます。
また、その時点でしばらく休むことも可能です。
※休まれる場合は、年会費のみ継続してお支払いいただくことになります。

ページの上へ

資格取得について

Q.どのような資格が取得できますか?
A.

指導者養成コース(月例研修会)、教員養成校で取得できる資格は次の通りです。

指導者養成コース(月例研修会)
    1年目:初級指導資格
    2年目:中級指導資格
    3年目:上級指導資格
    4年目:ディプロマB資格
教員養成校
    1年目:ディプロマB資格
    2年目:ディプロマA資格

Q.各資格の違いを教えてください。
A.
初級指導資格 自宅でリトミック研究センター認定教室を開くことができます。
中級指導資格 幼稚園、保育所(園)などでの課外指導が可能です。
上級指導資格 カルチャーセンターなど規模の大きな教室や幼稚園、保育所(園)の保育内での指導ができます。
ディプロマB資格 成績優秀者は後輩の指導を担当するスタッフとして、活躍の道が開けます。
ディプロマA資格 リトミック研究センターが認定する最上級の資格です。さらに幅広い指導の道が開けます。
Q.できるだけ短期間で資格取得したいのですが。
A.

教員養成校では、1年間でディプロマB資格が取得できます。各地の指導者養成コースでは、1歳~5歳児まで一通りの指導に3年間かかります(試験あり)。 初級指導資格を取得すると、自宅レベルで認定教室を開設することができます。

  • 1年目(初級コース)/初級指導資格 認定試験
  • 2年目(中級コース)/中級指導資格 認定試験
  • 3年目(上級コース)/上級指導資格 認定試験
  • 4年目(特別コース)/ディプロマB資格 認定試験
    また、教員養成校は、リトミック研究センターでの最高の資格が2年間で取得できます。
  • 1年目/ディプロマB資格 認定試験
  • 2年目/ディプロマA資格 認定試験

入学、研修受講について

Q.来年度の募集はいつ頃からスタートしますか?
A.

教員養成校は、毎年12月1日から願書の受付開始をします。
授業の開始は5月です。
指導者養成コース(月例研修会)は、毎年1月頃から募集を開始します。
月例研修会のスタートは5月(一部会場では6月)です。
募集要項ご希望の方はこちらのフォームよりお申し込みください。

ページの上へ

資格取得後について

Q.資格取得後は、就職先を紹介していただけるのでしょうか?
A.

リトミック研究センターでは、通常お仕事のお世話はしておりません。
ただ、幼稚園、保育所(園)や音楽教室からの講師派遣依頼や求人があった場合のみ、ご案内しています。
しかし、リトミックは今世の中の注目を集めている指導法です。
リトミック研究センターで得た資格は、幼児教育関係の就職先では大変有利な場合が多く、これを生かして就職された方は、たくさんいらっしゃいます。

Q.資格取得後は、どのような活躍の場がありますか?
A.

現在のお仕事(保育所(園)、幼稚園、音楽教室など)に生かされたり、ご自宅で教室を開設されたりしています。
ご自宅で教室を開設される場合、認定教室開設手続きを経て、教室運営などリトミック研究センターがバックアップします。
(教室開設のための教室看板、チラシなどさまざまなものが提供されます)。

Q.取得後の資格を維持するためには、どのような費用がかかりますか?
A.

資格取得後も、その後の受講の有無に関わらず、会員の皆様から年会費(5,250円/年間)をいただいており、隔月で機関誌「リトミックつうしん」「りとみっくのひろば」、また年度の初めには、資格を明記した「会員証」をご自宅にお送りしています。
リトミック研究センターは指導者のための組織として皆様からの会費で、皆様の“資格の管理”等の運営をいたしております。そのため、年会費が未納となった場合は、退会扱いとなり、機関誌の発送、会員証の発行を止める等、すべてのサービスを停止させていただくと同時に、リトミック研究センター内での活動もできなくなります。
あらかじめご理解ください。

ページの上へ

その他

Q.指導者養成コース(月例研修会)と教員養成校以外に、初心者向けの講座などはありませんか?
A.

毎年春と夏に、全国各地で特別講習会を行っています。
また、その他の日程でも各地で一日講習会等を行っております。
全国各地で行われる講習会

Q.支局に問い合わせの電話をしたら、留守番電話になってしまい、なかなか通じません。
A.

支局長は、自ら子どもたちの指導をしている場合が多く、電話に出られないこともあります。
留守番電話に、お名前と連絡先電話番号、ご用件をお入れください。折り返しお電話いたします。
もし、どうしても連絡が取れない場合やお急ぎの場合は、本部事務局までご連絡ください。

0120-896-799(フリーダイヤル)

Q.資料請求ページから「送信」しようとするとエラーになってしまうのですが。
A.

申し訳ありません。お手数ですが、「honbu@r-ken.com」宛メールにてご請求ください。
メールには、氏名、よみがな、性別、年齢、住所、郵便番号、住所、電話番号、e-meilアドレスをご記入ください。